Q&A april 2019

KARIMOKU FURNITURE

Aichi

Q&A

The origins of Karimoku date back to 1940, when Shohei Kato took over a longstanding timber company and established a small woodworking shop in the town Kariya, Aichi. The company produced various wooden parts in the ensuing decades, developing a range of techniques before launching its own line of wooden furniture in 1960s.

Hiroshi Kato — Vice President

「カリモク」とはどういう意味ですか?

カリモクは、2つの単語による造語です。「カリ」は我々の創業の地である愛知県刈谷市から、そして「モク」は木材から来ています。つまりこの名前は、我々のアイデンティティそのものとも言えます。私の故郷と、私の好きな素材である木材の両方が入ったこの社名を、とても気に入っています。

会社設立の経緯を教えてください

私の祖父である加藤正平が、自宅で小さな木工所を始めたのが1940年のことです。当時は、従業員とともに紡織機やピアノなどの木製パーツを作っていました。1950年代に、ある米国の家具メーカーが日本のサプライヤーを探していた時、祖父は彼らと仕事をすることで、西洋風の家具の作り方を学ぼうと決意します。日本の生活様式が、急速に西洋化していくのを感じていたためです。幸いなことに、カリモクの所在地はトヨタ自動車本社の非常に近くにあり、生産効率を高めるために同社が確立した「トヨタ生産方式」からも多くを学びました。それまで、この地域には木を扱う職人がほとんどいなかったのですが、トヨタ生産方式を取り入れたことで、アマチュアだった従業員たちが専門性を持ったプロ集団へと成長していったのです。様々な課題に挑戦し、多くの関係者から学ぶことで、カリモクは着実に事業を拡大してきました。

カリモクの哲学とは?

私たちのモットーは「品質至上」です。単なる消費者向け工業製品にとどまらなず、お客様が強い愛着を感じる木製家具を作りたいと考えています。私たちが家具作りに使うのは、50年から100年の歳月をかけて育った木々です。そのことを常に意識しつつ謙虚であるべく努め、100年以上愛されるような、長持ちする家具を作りたいと思っています。

このブランドを通じて目指したいこととは? メインのブランドにどんな付加価値を与えることになると思いますか?

カリモクケーススタディは、家具デザインの新たな手法をもたらすと同時に、私たちのビジネスチャンスを広げることにもつながると考えています。カリモクケーススタディでは、ドアや窓、ハンドルなど、家具と調和した空間作りのために重要な木製のインテリアも手がけていきます。これらは、空間をより良いものにするために、家具同様に重要な要素です。いずれは、こうした木製インテリアも提供していきたいと考えています。

カリモクケーススタディにおける家具づくりの出発点は、今日の家具づくりの手法とは全く異なるものです。ここでは、デザインや家具作りを始める前に、それぞれのユーザーが暮らす理想的な空間の姿を描く必要があります。カリモクケーススタディは私たちに、家具づくりに対する新たな視点を与えてくれるでしょう。それがきっと「私たちは何のために家具を作っているのか?」という問いに対する、正しい答えを導いてくれるのです

カリモクケーススタディの背後にある哲学とは。

ノーム・アーキテクツの「ソフト・ミニマリズム」。そして、芦沢啓治氏の「正直なデザイン」。この価値観をブランドのベースとして100%尊重しながら、ケースごとに最もふさわしい家具や木製品を作ることに最善を尽くします。カリモクケーススタディを通じ、良質な暮らしに欠くことのできない家具の本質的な価値を示していきたいと考えています

Karimoku Case Study




Sign up for our newsletter





Links



Follow us



Language

EN | 日本



Download full kit

Download full kit


Contact

Email us
Copyright © Karimoku