MINATOMIRAI CAFE

N–DC03

NORM ARCHITECTS

砧にあるアパートメントのために作られたダイニングチェアを発展させ、ブルーボトルコーヒー みなとみらいのために、より軽くスリムにしました。それにより元のキャラクターを失うことなく、フレキシブル且つ多目的なチェアが完成しました。ソフトで温かみのある木が、住宅のような心地よい空気をカフェにもたらします。

Dimensions
  • Dimensions
  • width
    • 455
  • depth
    • 490
  • height
    • 730
  • SEAT HEIGHT
    • 460(WOOD 445)
materials
  • materials
  • TIMBER
    • PURE OAK
    • SMOKED OAK
    • GRAIN MATTE BLACK
  • SEAT
    • WOOD SEAT
    • MAPLE
    • STEELCUT TRIO 3
    • HALLINGDAL 65
    • MOSS
    • VIDAR 4
    • CODA 2
    • LEATHER (LEABELLE)
    • LEATHER (SHADE)

Minatomirai Cafe

みなとみらいコレクションは、横浜のみなとみらいにある「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」に備え付けられることを想定し作られています。ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でる家具とカフェ空間に仕上がりました。

公園に隣接し、ガラス張りの開放的な空間と曲線や木の素材使いによる柔らかさが心地よいブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ。カフェ全体のデザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当し、カフェを構成する要素としてテイラーメイドの木製インテリアと家具が制作されました。テーブルやチェアなどの家具は、ノーム・アーキテクツと協働でデザインされたもので、その一部がカリモクケーススタディの2番目のコレクションを構成しています。

Minatomirai Cafe

みなとみらいコレクションは、横浜のみなとみらいにある「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」に備え付けられることを想定し作られています。ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でる家具とカフェ空間に仕上がりました。

公園に隣接し、ガラス張りの開放的な空間と曲線や木の素材使いによる柔らかさが心地よいブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ。カフェ全体のデザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当し、カフェを構成する要素としてテイラーメイドの木製インテリアと家具が制作されました。テーブルやチェアなどの家具は、ノーム・アーキテクツと協働でデザインされたもので、その一部がカリモクケーススタディの2番目のコレクションを構成しています。

Norm Architects

2008年に設立された、工業デザイン、住宅建築、商業インテリア、写真、アートディレクションなど多岐にわたる分野で活躍するデザインスタジオです。ノーム・アーキテクツの作品の本質は、人間の幸福と同様、豊かさと制約、秩序と複雑さとの間のバランスの中にあります。

建築であれインテリアであれ、彼らが手がけるプロジェクトに共通するのは、より大きなアイデアを内包したシンプルさです。 トレンドやテクニックよりも身体や精神が求めるものを指針とし、見た目の美しさだけでなく心地よさも追求することで、建築はより考え抜かれたものとなり、ミニマリズムは柔らかさをまとい、平面的な要素には質感を与えます。その仕事は、研ぎ澄まされたデザインでありながら、ディテールに対する細心の配慮、優れた耐久性を暗示するものとなっています。デンマークの首都コペンハーゲンで最も古い通りの1つにスタジオを構え、そのコンテクストに敬意を払いつつ、時代を超えた美や自然素材、控えめで洗練されたスカンジナビアのデザインの伝統に基づいたデザインを行なっています。何が人間の感性を高めるのかを探求することで、彼らのプロジェクトは空間、オブジェクト、アイデアやイメージを最もシンプルな形へとそぎ落としていきます。加えるべきものも削るべきものも何もない、という絶妙なバランスを見出すことこそ、ノーム・アーキテクツの専門分野なのです。

Norm Architects

2008年に設立された、工業デザイン、住宅建築、商業インテリア、写真、アートディレクションなど多岐にわたる分野で活躍するデザインスタジオです。ノーム・アーキテクツの作品の本質は、人間の幸福と同様、豊かさと制約、秩序と複雑さとの間のバランスの中にあります。

建築であれインテリアであれ、彼らが手がけるプロジェクトに共通するのは、より大きなアイデアを内包したシンプルさです。 トレンドやテクニックよりも身体や精神が求めるものを指針とし、見た目の美しさだけでなく心地よさも追求することで、建築はより考え抜かれたものとなり、ミニマリズムは柔らかさをまとい、平面的な要素には質感を与えます。その仕事は、研ぎ澄まされたデザインでありながら、ディテールに対する細心の配慮、優れた耐久性を暗示するものとなっています。デンマークの首都コペンハーゲンで最も古い通りの1つにスタジオを構え、そのコンテクストに敬意を払いつつ、時代を超えた美や自然素材、控えめで洗練されたスカンジナビアのデザインの伝統に基づいたデザインを行なっています。何が人間の感性を高めるのかを探求することで、彼らのプロジェクトは空間、オブジェクト、アイデアやイメージを最もシンプルな形へとそぎ落としていきます。加えるべきものも削るべきものも何もない、という絶妙なバランスを見出すことこそ、ノーム・アーキテクツの専門分野なのです。